足の加齢臭

トップページ > 足の加齢臭

足の加齢臭

加齢臭は体のあらゆる部分に現れます。その中でも特に本人が気付きにくい部位は足です。足は元々臭いがきつい部位ではありますが、靴を履いていればもちろん臭いませんし、室内にいて通気性が良ければそれほど臭いません。

 

しかし外出時に靴を履いて、その後に靴を脱ぐとなった時にその臭いは牙をむきます。このときの臭いが加齢臭と混じって、酷い臭いとなることがあるのです。

 

なぜ足の臭いがきついかというと、靴に包まれていて蒸れやすいというのはもちろんですが、そもそもなぜ蒸れるのかと言うと汗をかくからです。足は予想以上に汗を大量にかく部位で、さらに通気性の悪い靴の中に入っているわけですから蒸れるわけです。

 

そして、汗には加齢臭の原因である成分が含まれて排出されますので、汗をかきやすい足から強い加齢臭がするのは当然です。さらに足には指の間や爪の下・周辺、足の裏の溝やおうとつなど、洗いにくい部位も多く汚れが溜まりやすいため、なおさら臭うというわけです。

 

足の加齢臭の対策には、二つの基礎的な対策を継続的に行う必要があります。一つは、足をしっかりと洗うこと。もう一つは、蒸れにくい靴を履くことです。お風呂に入ったときに足をしっかりとこすったりもみ洗いするのはもちろん、汗をかきやすい体質ならば長時間出歩いた後も足を洗うのが無難です。

 

そして靴の選定も重要で、とにかく通気性の高い靴を選ぶ必要があります。歳を取ったら履かないでしょうが、ロングブーツなどは臭いの面では最悪ですので、こういった蒸れやすい靴は避けるべきです。