体臭は香水を使い予防する

トップページ > 体臭は香水を使い予防する

体臭は香水を使い予防する

自分が体臭で、周囲を不快にさせていないか、気になる時がありますよね。その体臭の予防・対策として、現代では香水を使う方も多いかもしれません。

 

日本人は、外国に比べワキガの人口も少なく、また、体臭も外国人より少ないと言われています。外国では、体臭が強い上に、日本ほどお風呂に入る習慣がなかったことから、昔からよく香水が使用されてきました。むしろ、外国では、強い体臭と香水が混ざることで魅力的な香りになるという考えもあります。日本以上に外国では、昔から体臭をフェロモンとして利用する傾向があるんですね。

 

しかし日本人は、体臭を嫌い無臭を好む傾向があり、外国の香水は強すぎて合わないこともあります。香水には消臭効果はないので、あくまでも香りを楽しむものとして使用する方が良いでしょう。ワキなど体臭が気になりやすいところに香水を使うと、体臭が混じったニオイが目立ち、日本人にとっては不快なニオイになるだけです。

 

したがって、消臭予防を別に行った上で香水を楽しむ方が、日本人には合っているでしょう。消臭効果のある石鹸や制汗剤などを使用した上で、香水を体臭が気にならない部位に少しだけつけてほのかに香らせる程度が、周囲からも好まれます。また、香水のニオイ、つけ過ぎにはご注意下さい。香水が原因で、周囲に不快な思いをさせることがあります。

 

香水選びで悩む際は、失敗しないために店員さんに相談してみるのも良いでしょう。