わきの加齢臭

トップページ > わきの加齢臭

わきの加齢臭

加齢臭は元々体臭がきつい部位から強く発生する傾向があり、ワキはやはり加齢臭もきつい部位です。ワキの下がよく汗ばむことは皆さんご存じかと思いますが、加齢臭の臭いの成分は汗と一緒に分泌されるため、ワキの下が加齢臭も強いのは当然です。

 

特にワキ毛が生えていれば臭いの成分がワキ毛に付着し長時間残り続けることとなるため、臭いが持続しやすいのです。

 

ワキの下は通常の汗腺だけでなく、アポクリン腺という特殊な腺も存在しています。このアポクリン腺こそがワキガ独特の臭気発生の原因であり、通常の汗腺(エクリン腺)による汗臭さとアポクリン腺による臭いが入り交じり、非常に悪臭を放つのです。

 

そこに加齢臭も混じればとんでもない臭いとなることは火を見るより明らかですから、加齢臭対策においても重点的にケアすべき箇所です。

 

ワキの加齢臭対策は基本的に通常のワキ臭対策に準じます。まずワキ毛が生えているならばこれを除去し、特にワキガの方はミョウバン水を塗ったり市販のミョウバンや銀イオンを含む消臭剤を塗ったりし、動物性タンパク質など臭いの元となる栄養の摂取を制限するなどです。この中でもミョウバン水を塗るのはは手軽であり効果は絶大です。

 

ミョウバン水は皮膚常在菌を除菌し、しばらくの間菌が住めない環境を作ります。ミョウバン水による皮膚環境の変化が持続している間は雑菌によって臭いの元が作られないため、臭いを大幅に軽減することができます。